Q&A

ルールブックに乗っていない公式解釈をQ&A形式で公開していきます。
質問がある度、こちらのページを更新していきます。



ゲーム進行について



◆蟲置き場には、実験フェイズに自由におくことは可能ですか?

できません。「進化」の能力が発動した時のみ、能動的に蟲を自分の蟲置場に置く事が出来ます。



◆実験フェイズにおいて、親が能動的に蟲カード効果を使用できるのは、1回のみでしょうか?

1回のみです。「排除」で発動をキャンセルされた場合も、もう1度蟲を使用する事は出来ません。



◆虫送りフェイズに、1人が送れる蟲の枚数に上限はありますか?

1ターンにつき1枚までです。



◆手札補充フェイズには、足りないプレイヤーは全員手札を補充しますか?

基本枚数に足りていないプレイヤーは、全員補充します。
そのターンの親で無い場合でも、進化の能力の対象となったプレイヤーは手札が基本枚数に達しない場合があります。



カードの能力について



◆「同じカードが4枚集まったら負け」ですが、4枚目を置いて「適応」または「拒絶」が自動発動して3枚になった場合はセーフでしょうか?

「拒絶」「適応」発動した場合は、4枚目を置いたとはみなされず、ゲーム続行となります。
勿論、その自動発動を「排除」された場合はゲームオーバーです。



◆「排除」の宣言に対し、他のプレイヤーが「排除」を宣言することは可能でしょうか?

「排除」を「排除」でキャンセルする事は出来ません。



◆「排除」の説明分に、「使用された蟲を未使用状態にする」とありますが、これは「適応」や「拒絶」の自動発動にも適用されるのでしょうか?

「排除」は、能動的に使用する能力、自動発動の能力問わず、対象の蟲カードを未使用状態に戻します。「適応」や「拒絶」にも適用されます。その場合、自動発動の条件を満たした時に、「排除」の所有プレイヤーが発動を宣言して「排除」を使用済にし、「適応(or拒絶)」の発動を打ち消します。



◆群生が三枚あり、そのうち二枚までが使用済みの状態(3.5枚の状態)で、寄生or眷族の効果で一枚未使用に戻った場合(4枚状態)、即敗北になるのでしょうか

即敗北となります。
寄生or眷族の効果解決を、排除で打ち消すなどした場合は、群生を未使用に戻す効果の解決に失敗しますので、敗北しません。



ローカルルールについて



◆ローカルルール ※適用は自己責任で。ゲーム開始前に全員の了解を取りましょう。

・「蟲を9種類集めたプレイヤーは、即座に、全ての蟲を1枚ずつ、山札に戻してシャッフルする」
  九人が揃って協力し合うと「絶望回避」という、原作再現
・「排除で排除の打消しを可能とする」
・「蟲憑きA」 ゲーム開始前(手札を引いた後)、各自手札から一枚、自分の蟲置き場に未使用状態で置く。
・「蟲憑きB」 ゲーム開始前(手札を引いた後)、各自山札から一枚、自分の蟲置き場に未使用状態で置く。
・「増幅-エンドレスペイン-」常時発動。自分の蟲置き場にある六斉堂と四月一日が同数の場合、群生の揺蚊のテキストは無効化される。
・「最適-デフラグ-」実験フェイズの前に、親は山札から一枚カードを引き、自分の蟲置き場に未使用状態で置く。この蟲カード獲得に対して、一舎と七々原は自動発動しない。
・「観測-フラクタル-」虫送りフェイズに使用可能。この能力は親でなくても使用ができ、二條久保と三荊を1枚づつ使用状態にすることが条件。自分を対象に虫送りが行われた場合、そのカードの表を確認することができる。
 なお、この能力に対して五百雀が発動した場合、使用した二枚が両方未使用状態に戻る。

※ローカルルールは募集中!虹色コミュに投稿下さい。